« 情報収集 | トップページ | 隕石が落ちても保険が使えるのか。 »

2018年10月15日 (月)

ITと不動産

最近はスマホで何でもできるようになって便利になりました。

でも本当にITは便利なのかと時々疑問に思うこともあります。

実は不動産の業務はどんどんIT化が進んでおり

契約書の作成や打ち合わせ、契約内容のチェックなどもインターネットを

通じて行うことが増えました。

しかし、便利になっている反面、不便になったものも多いです。

まず、紙だと全体を一度に見渡せるので、間違いを見付けるのが簡単。

また、重要な個所にはマーカーしたり、忘れないようにメモをしたり簡単に出来るので

ミスが少なくて意外と紙の方が作業効率が良いです。

ただ、物件を探すのは、インターネットが便利です。

事前に相場の家賃を確認したり、お部屋の写真を見たり出来ます。

最近では360度室内を見られたり、VRを利用して内見しなくても

お部屋の雰囲気を確認することが出来ます。

なので無駄なお部屋を見に行く時間の削減になったり、

お好みの部屋を見付けるのも容易になりました。

こんな風に便利になる反面、不便になるところが出来るのは、

システム化するときに必ず発生することで仕方ないことですが、

やっぱり、今まで出来ていたことが出来なくなったりすると

つい愚痴を言いたくなります。

« 情報収集 | トップページ | 隕石が落ちても保険が使えるのか。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1535885/74401206

この記事へのトラックバック一覧です: ITと不動産:

« 情報収集 | トップページ | 隕石が落ちても保険が使えるのか。 »